vioライン脱毛口コミ

vio_1

ムダ毛処理というと、人から見えてしまう部分を気にする人が大半です。

たとえば、ひざ下や腕、ノースリーブから覗く両わきです。目立つから気になりますよね。

そんな中、最近脱毛する人が増えているのがアソコの毛。脱毛サロンではこの場所を「VIO」と呼んでいます。

なぜVIOゾーンを脱毛している人が増えているのでしょうか?

みんなどうしてる?アソコのムダ毛

外人の毛と違い、日本人の毛は真っ黒。デリケートゾーンに毛が生えているのは、妙に生々しく感じてしまうものですね。

この部分のムダ毛が気になる時といえば、水着になる時。水着のショーツからはみ出る毛を見つけてしまったら、とても恥ずかしいですね。

多くの人が、水着になる前にはみ出しそうな毛は、カットしたり剃ったりしています。しかし、なんとなく剃ったらチクチクしてしまったり、太い毛がショーツを突き出てしまった、なんて人も結構いるんです。

このデリケートゾーンの正しいお手入れ方法は、毛がチクチクしないように焼き切る方法もあります。でもほとんどの人はそこまでやりません。ハサミでカットしたり、抜いてしまう人も中にはいます。

ところでVIOってどこのこと?

デリケートゾーンといえば、ショーツで隠すあの部分あたりだろうな、と思う人も多いでしょう。実際にはVIOはそれぞれ分かれています。

まずVは、正面から見て毛が見えているところを指します。水着になった時に一番気になる部分であり、温泉に行った時に他の人から見えてしまう部分でもありますね。

そのため、ムダ毛の量や形が自分でもわかりやすいパーツです。

次にIライン。

ここは陰部周辺やサイドです。

ここは自分では確認しにくい部分なため、あまり意識していない人も多いパーツです。

最後にOゾーン。

ここは肛門まわりのことを指します。

自分で確認するのは、ほとんど不可能なパーツです。

VIO脱毛の方法って?

VIOは肌が敏感であり、女性の場合生理もあるのでなかなかデリケートな部分。自分で行う除毛は、剃ったりカットする程度しかできないことが多いです。

刺激の強い除毛フォームを使うのは避けたい場所なため、お手入れ方法は限られているといえますね。脱毛する場合は、脱毛サロン・エステのフラッシュ脱毛、クリニックの医療レーザー脱毛のほか、ニードル脱毛やブラジリアンワックス脱毛もあります。

脱毛は通常の脱毛サロンやクリニックでの脱毛と流れは同じです。

ブラジリアンワックス脱毛については、また詳しくご紹介しますね。

VIO脱毛は痛い?恥ずかしい?

濃くて太いムダ毛は、脱毛する時にどうしても痛みを感じやすい傾向があります。

しかも肌が敏感で刺激を感じやすい部分であるデリケートゾーンは、実際に脱毛した人によると「他のパーツより痛かった」と答える人が多いようです。

また恥ずかしさですが、VIO脱毛をする人はみんな最初は恥ずかしさを感じているのだそう。でもVIO脱毛をやる人はかなり増えており、今はまったく珍しいことではありません。

施術するスタッフさんも、1日に何件もVIO脱毛をしているので、変な目で見ることはないから安心して大丈夫です!

VIO脱毛をする時は、ボトムは脱いで使い捨ての紙ショーツに着替えます。ベッドに横になりますが、タオルなどをかけてくれるので恥ずかしさはあまり感じないですむように配慮してくれます。

施術は紙ショーツをずらしながら行い、施術場所が狭いから数分で終わります。恥ずかしいし多少痛いけど、短時間だからあっという間だった!という人が多いようです。

VIO脱毛をすると、思った以上に快適になるそうです。ムダ毛が減るので、ムレやムレによる痒みも少なくなって、生理の時も清潔に過ごせるのだとか。

VIO脱毛をやってみてよかった!と感じている人が多いのは、このようにただムダ毛がなくなりお手入れが楽になるだけではないようですね。