oライン脱毛処理が一番恥ずかしいってホント?

oline_1

今やメジャーになりつつあるデリケートゾーンのVIO脱毛。

恥ずかしさから抵抗感を持つ人が多いパーツですが、一度脱毛を体験するとその快適性にやみつきになるのだとか。

しかしVラインは脱毛する人が増えているものの、Iライン、Oラインの脱毛はなかなか踏み切れず考え中、という人は少なくありません。

ここでは、Oラインについて掘り下げていこうと思います。

Oラインの位置はどこ?

Oラインは肛門周辺を指します。

この部分は、自分では見ることができないパーツですよね。Iラインならなんとか鏡を使えば見ることもできますが、Oラインはおしりの山があるためなかなか見えにくいものです。

このOラインにムダ毛があると結構恥ずかしいかも。そのため、自己処理でムダ毛のお手入れをしている人もいます。しかし場所が場所なため、キレイにムダ毛処理しにくく、中途半端な処理になりがちです。

自己処理している人の中には、生えかけのムダ毛がチクチクして椅子に座る時に不快感がある、という人もいるのだとか。

Oラインは、中途半端なお手入れが一番よくないパーツかもしれませんね。

Oライン脱毛の流れは?

Oラインの脱毛は、自分ではお手入れが難しい場所なため、ムダ毛がある場合は脱毛サロンでシェービングしてくれるところもあるそうです。

自分でお手入れする場合は、前日までに処理しておきましょう。

脱毛自体は他のVIO脱毛と同じで、使い捨ての紙ショーツに着替えて行うサロンが多いです。

気になるOラインの施術中のポーズですが、サロンによって異なるようです。

うつ伏せになって、おしりを持ち上げ少し足を開いて施術していくサロンや、横向きになって施術するサロン、このどちらかが多いようです。

Oライン脱毛をした方の体験談を読んだことがありますが、その方は2人のスタッフさんが対応してくれたそうで、うつ伏せの状態でおしりを持ち上げ、ひとりがおしりを開くようにしてもうひとりが照射担当だったそうです。

これはなかなか恥ずかしいポーズですね。

実際に恥ずかしかったそうですが、とてもスムーズに脱毛が終わったそうです。

それはちょっとイヤだな~という人は、横向きでOゾーンを処理する脱毛サロンを選ぶといいですね。

痔持ちはOライン脱毛できる?

女性は腸まわりの筋力が弱く、便秘になりやすい傾向があると言われています。

便秘は痔の原因にもなりやすく、意外と痔持ちの女性って多いそうです!

肛門まわりを脱毛するOライン脱毛の場合、痔の人は脱毛できないのでしょうか?

実際は、痔の状態によっては脱毛可能なんだそうです。

痔もいろいろあって、切れ痔やいぼ痔などありますよね。この場合、切れ痔は脱毛できないことが多いようです。

脱毛はなんらかの傷があると脱毛できないので、まずは痔を治してから脱毛するようにしましょう。

いぼ痔の場合は、状態がひどくない場合は脱毛可能だそうです。

ただし、脱毛サロンによっては痔はどんな状態でもNGとしているところもあるので、まずはスタッフさんに聞いてみましょう。

Oライン脱毛のメリットは?

Oライン脱毛は、見た目がすっきりするだけでなく肛門まわりを常に清潔に保てるようになります。

特に痔になりやすい人や痒みが出やすい人は症状がかなり和らぐので、やっておいて損はなさそうですね。

Oライン脱毛のデメリットは?

デメリットはというと、やはり恥ずかしさが強い点ですね。

また痛みも強く感じやすいパーツであることもあげられます。ただOライン脱毛は他の部位と比べても圧倒的に範囲が狭いです。

恥ずかしさも痛みも僅かな時間だけなので、頑張ってキレイにして快適に過ごした方がいいのではないでしょうか。

VIO脱毛についていろいろ書いてきましたが、最終的には「恥ずかしさ」がネックになっている人が多いようです。

しかしスタッフさんは脱毛体験者ばかり。脱毛する側の立場をよくわかっているので、安心してまかせてしまえばいいと思いますよ。