Iラインの脱毛ってどうやるの?

Iline_1

デリケートゾーンの中でも、人目に付きにくい場所にあるIライン。

Iラインは人に一番見られたくない場所でもありますね。

Iラインを脱毛するのはなかなか勇気がいりそうですが、実際にIラインを脱毛した人によると「脱毛してよかった!」と答える人がかなり多いです。

Iラインの範囲はどこからどこまで?

Vラインはちょうど前から見て見える部分と考えればいいですが、Iラインはイメージしにくいという人が多いでしょう。

Iラインの範囲は、Vラインのつけ根のあたりから、肛門のつけ根のあたりまでを指すのが一般的です。ちなみに陰部の中心あたりの粘膜などは照射はできません。

脱毛サロンやエステでは、この粘膜部分は照射できないためムダ毛が多い人は不満を持つかもしれないですね。

その場合は、クリニックに相談するといいでしょう。

Iライン脱毛の流れは?

Vラインの脱毛と同じく、Iラインも使い捨ての紙ショーツに着替えて行うことが多いです。

Vラインは、ムダ毛をどの程度残すか、どんな形に整えるかを考える必要がありますが、Iラインはムダ毛をなくすのが目的。とはいえ、あまりつるつるにしてしまうことに抵抗のある人もいると思います。

その場合は、あらかじめムダ毛を減らす程度でいいことを伝えておきましょう。

Iラインの時のポーズですが、ベッドに仰向けになり軽く足を開き片方の膝を曲げた状態で施術することが多いようです。ショーツをずらしながらなので、恥ずかしさは多少和らぐでしょう。

脱毛の流れは他の脱毛とだいたい同じです。

ただ、粘膜部分はテープなどで保護し照射の光が当たらないようにするサロンが多いようです。

またIラインは自分で見ることができないため、意外と色素沈着していたり黒子があることを知らないことが多いのだとか。

色素沈着や黒子がある場合も、保護シールなどを貼られてその部分は脱毛できません。

Iライン脱毛の時に気になること

生理中はもちろんIラインの脱毛はできません。

では、おりものが多い時はどうしたらいいでしょうか?

これについては、施術前にトイレなどで拭きとっておくことでかなり抑えられます。拭き取るのは、トイレットペーパーではなく赤ちゃんのおしりふきのような、カスが出ずさっぱりする丈夫なペーパーがおすすめ。

トイレットペーパーは溶けやすく、アソコにペーパーのカスが残っている方が恥ずかしいので使わない方が無難です。
(実際にカスがついたままの人は意外といるのだとか)

Iライン脱毛のメリットは?

Iラインの脱毛は恥ずかしさを伴うものの、一度やってみるとあまりの快適さにやってよかった、という声が多いです。

普段、Iラインはショーツに隠れています。

ここは場所的に蒸れやすく、ムダ毛があることで痒みや炎症がおきたり、匂いが気になったりする部分ですね。女性ならお分かりだと思いますが、生理の時もムダ毛があると清潔に保つのが難しくなってしまうこともあります。

Iラインを脱毛することで、蒸れや痒みがだいぶ減り、生理の時も清潔な状態を保てるようになるそうです。

またIラインにムダ毛が多いと、ショーツからはみ出して見た目もよくないですね。いくら人目に付きにくい場所とはいえ、女子的には気分的によくないものですが、脱毛してしまえばかなりスッキリ感が味わえます。

Iライン脱毛のデメリットは?

このパーツは脱毛する時にかなり恥ずかしい!という先入観がネックになっていますね。

そしてその次の難問が、痛みです。肌が敏感な場所であるだけでなく、ムダ毛も太くて濃い場合が多く、痛みもかなり強く感じる人が多いようです。

また脱毛サロンのフラッシュ脱毛ではあまり効果を感じない人も。Iラインにムダ毛が多かったり、剛毛ならクリニックの方が向いているかもしれません。

隠れた部位とはいえ、脱毛してみたらかなり快適になった、という声が多いIラインの脱毛。痒みをはじめとした不快感があるなら、思い切ってIライン脱毛してみるといいかもしれませんね。