脱毛直後の肌トラブルってあるの?避けるための方法は?

87

夏に向けて、ファッションを楽しみたいと思っている人にとってムダ毛は不要なもの。

ムダ毛があるだけで不潔に見えたり、女性らしさが半減してしまうので夏前までになんとかしたい人が増えています。

その時だけの除毛ではなく、脱毛することで面倒なお手入れがいらなくなるので、肌あれしにくくなると言われています。

しかし、脱毛による肌トラブルが気になって、脱毛を受けるか迷っている人もいるでしょう。

ニードル脱毛による肌トラブル

今はあまりやる人がいない、ニードル脱毛。

処理したムダ毛は確実にその場でなくなりますが、痛みが強い上に1本ずつ処理していくからかなり時間がかかってしまいます。

料金も高いので、今はあまり人気がないですが、産毛のような細い毛も脱毛できるのでニードル脱毛の需要はまだまだあるようですね。

私が初めて受けた脱毛は、このニードル脱毛でした。

前記の通り、痛みが強いしムダ毛が多いのでなかなかムダ毛が減りませんでした。

それに、脱毛直後の肌は、毛穴に赤みが出て少し熱をもったような状態でした。

よく鎮静することで赤みはやがて消えましたが、炎症してなかなか治らなかったり跡が残ってしまったという話を聞いたことがあります。

レーザー脱毛による肌トラブル

私はなかなか進まないニードル脱毛から、クリニックのレーザー脱毛に切り替えました。

レーザー脱毛は脱毛効果の高さと脱毛処理のスピーディーさ、脱毛が早く実感できることにおいてとても満足できました。ただ、多少の肌への刺激と肌トラブルを感じる人が脱毛サロンやエステよりは若干多いようです。

私自身は、毛穴が少し赤みがでた場所がありました。

肌を鎮静したりクリニックからもらった軟膏をつけることでやがて赤みは消えて、つるつるの肌になれました。

でも肌が弱い人だったら、結構刺激が強いかもしれないな、と思いましたね。

フラッシュ脱毛は肌にやさしい脱毛方法

それに比べ、脱毛サロンやエステで採用されているフラッシュ脱毛は、かなり肌への刺激が少ないことで有名です。

私はフラッシュ脱毛を受けたことがないですが、フラッシュ脱毛とレーザー脱毛の両方を経験している友人によると、フラッシュ脱毛は痛みがほとんどなく、肌はなんともなかったと言っていました。

脱毛サロンではかなり肌トラブルがおきないように、施術前・後にしっかり肌ケアしてくれるそうです。肌に異常がないか、スタッフさんがチェックしてくれるのも心強いと言っていました。

それでも肌トラブルは起こり得る?

脱毛サロンで施術後に肌トラブルをおこすケースは実際にはあるそうです。

多いのが、肌に赤みが出たとかぶつぶつができた、色素沈着したなど。

こうした肌トラブルは、施術したその日ではなく、2~3日後におこることが多いようです。原因はフラッシュによる熱により、やけどのような症状が出るとのこと。

しかしこれは一時的な症状で、多くは自然に治る人が大半のようです。

もし肌トラブルがおこってしまったら?

肌トラブルの主な原因は、脱毛マシンの出力がその人の肌には強すぎたり、脱毛後の肌の鎮静が十分ではなかったことがあげられます。

また、脱毛後にうっかり温泉に入ってしまったり、日焼けをしてしまったなど、正しい肌をケアしなかったことが原因になることもあります。

肌トラブルがおきたら、脱毛サロンやエステにすぐ連絡しましょう。医師との連携をしているサロンが多いので、サロンで案内があるはずです。

肌トラブルを避けるためにできること

肌の調子が悪かった場合も、肌トラブルがおこりやすくなってしまいます。

肌の調子がいい時だったらなんともないことも多いので、脱毛前はいつも以上に肌ケアをきちんとすること。そうすることで、肌トラブルは避けられます。

肌トラブルがおきてしまったら、脱毛も途中でストップしてしまいます。肌のコンディションを整えて脱毛し、脱毛後は正しい肌ケアをして肌を守っていきましょう。