脱毛に行く時の服装で気を付けたいこと

500

脱毛サロンに行く時、みなさんはどんな服装で通おうと思っていますか?

サロンでは、施術する時にスムーズに照射できるように着替えを用意していることがほとんど。

着替えがあるんだから、どんな服装で通ってもいいんだろうと思われがちですが、着替えてみたらあれ?って思うことがよくあるものです。

脱毛するパーツによって都合のいい服装というのがあるので、ご紹介していきますね。

両ワキ脱毛をするなら

両ワキを脱毛する時は、ベッドに横になり万歳してワキを見せるような恰好をします。

その時に、ワキがきちんと露出し着ている服にジェルが付かないようにするため、着替えます。

だいたい前開きのベアトップのようなワンピースに着替えることが多いようです(サロンに用意されています)

私が両ワキを脱毛した時は、タンクトップを着ているなら着替えなくてOKでした。

でも脱毛サロンやクリニックでジェルを使うなら、着替えた方がジェルが服について汚れる心配がないので着替えた方がいいです。

この時、ワンピースなどトップスとボトムがくっついた服装だと、服を全部脱ぐのと同じになってしまうのでちょっと恥ずかしいです。

もちろんタオルなどをかけてくれるのでいいんですが、少々落ち着かないかもしれません。

できれば、トップスとボトムが分かれている、ワンピース以外がいいですね。

ひざ下脱毛をするなら

ひざ下の場合は、ボトムは基本脱がなくて大丈夫です。

ジーンズやパンツスタイルなら、ひざ上までまくり上げて施術していきます。

この時、ぴったりしたスリムなボトムだとちょっとまくり上げるのが大変かも。また、ロングスカートの場合はシワになりやすい素材は避けた方が無難ですね。

シワになりやすいボトムなら、思い切って脱いでしまった方がいいでしょう。

ひざ上脱毛をするなら

ひざ上の範囲は、ひざの真上から足のつけ根までのところを指すことが多いです。

私がひざ上を脱毛した時は、使い捨ての紙ショーツを穿きました(サロンやクリニックによって違うかもしれません)

そのため、ボトムと下着を脱ぐ必要があったので、例えば下着にボディースーツを着ていると厄介だと思います。

ボトムは下着を含めて脱ぎやすい恰好がいいですね。

全身脱毛をするなら

1日で全身を脱毛するコースの場合、全部脱いでサロンが用意しているガウンやベアトップワンピース、使い捨てショーツに着替えることが多いようです。

中には、スッポンポンで脱毛するところもあるみたい。

この場合は、何を着ていってもいいと思いますが、やはり脱ぎ着しやすい服装が面倒がなくていいでしょう。

全身脱毛を2~4回に分けて脱毛するコースなら、上半身だけ、または下半身だけなどといった括りで脱毛することが多いです。

どこを脱毛するか聞いておき、そのパーツが脱ぎやすい服装にするといいですね。

締め付けすぎない服装で

体にぴったりフィットしていたり、ゴワゴワした固い生地の服は肌を摩擦して痛みやかゆみを感じてしまうこともあります。

脱毛後は肌が敏感になっているので、肌を締め付けないゆったり目で肌触りのいい生地の服がいいでしょう。

特に敏感肌の人は気を付けたいですね。

日焼け対策もしよう

腕を脱毛するなら柔らかい素材の長袖トップスを用意し、紫外線から肌を守るようにしたいですね。

脱毛直後は紫外線は厳禁。炎症だけでなく、しみの原因にもなってしまうので気を付けましょう。

ひざ下脱毛なら、ボトムはぴったりしすぎないパンツやロングスカートにするといいですね。

会社や学校帰りで施術後は外が真っ暗、という場合は日焼けは気にしなくて大丈夫です。

施術はヘアスタイルが崩れる

脱毛する時は、ベッドに横になります。

そして目に照射の光やレーザーが入らないようにゴーグルで目を保護したりするため、どうしてもヘアスタイルやメイクが崩れてしまうことが多いです。

ヘアやメイクはドレッサールームを用意しているところもありますが、時間をあまりかけたくない、という時は帽子や眼鏡、サングラスを用意しておくとヘアメイクを整えなくて済むのでおすすめ。

まとめ

施術中は何かと落ち着かないものです。

少しでも快適に不安なく過ごせるように、着替えや施術後のヘアメイクまで考えて服装選びをしたいですね。