医療レーザー脱毛マシンいろいろ

497

今、医療レーザー脱毛マシンは次々と新機種が生まれており、効果が高く痛くない機種がどんどん導入されていますね。

人気の機種であるライトシェア・デュエットやエリート・プラス以外にもメリットの多い機種もいろいろあるんですよ。

その中で、私が気になっている機種をご紹介しますね。

ジェントルマックスPro

キャンデラ社のジェントルマックスProは、アレキサンドライトレーザーとヤグレーザーを搭載した、複合型医療レーザー脱毛マシンです。

脱毛サロンのフラッシュ脱毛や、クリニックの医療レーザー脱毛では日焼けした肌や地黒の肌、しみやケガの跡などの色素沈着がある場合は脱毛できなかったり、その場所を避けて脱毛するしかありませんでした。

しかしヤグレーザーも搭載しているジェントルマックスProなら、肌の色を問わずに脱毛可能。

ヤグレーザーは肌の深いところまでレーザーが届くので、深いところにある毛根にもアタックして脱毛することができるんです。

また、照射しながら冷却していくので痛みも軽減でき快適に施術が可能なのだとか。

ジェントルマックスProの特徴を調べれば調べるほど、エリート・プラスに性能が似ているなと思いました。

エリート・プラスも、アレキサンドライトレーザーとヤグレーザーを搭載しており、冷却装置がついているため痛みを軽くすることができる機種です。

この2つのマシンの違いは、メーカーが違うというだけではありません。

エリート・プラスはエアを冷却するタイプですが、ジェントルマックスProはガス式。

とはいえ、性能自体はほぼ同等らしいので、肌の色や色素沈着で脱毛を断られたことがある人はどちらの機種もおすすめできますね。

コメット

コメットはダイオードレーザーと高周波(RF)のダブルの効果で、太いムダ毛から産毛のような細くて色素の薄い毛まで脱毛することが可能な脱毛マシンです。

コメットは痛みを感じにくい脱毛ができると言われています。

痛みは肌に保有しているメラニン量が多いほど肌が黒くなるわけですが、肌が黒くなるほど照射時の痛みが強くなるのが普通。

メラニン色素の多い日本人(東洋人)が医療レーザー脱毛を受けると痛みを強く感じるのはこうした理由がからんでいます。

しかしコメットなら、ダイオードレーザーに加え高周波エネルギーを利用して脱毛していくため、レーザーの出力をそれほど上げなくても深い場所までしっかりとムダ毛にダメージを与えることが可能なのだとか。

このコメットには脱毛以外にも美肌効果が期待できるのだそうです。

高周波は肌の中にある線維芽細胞を活性化させることから、コラーゲンを増やしていく効果も!

コメットは産毛にも効果があるので、顔の脱毛をしたい人にもおすすめですね。

しかもコラーゲンを増勢させてくれるから、脱毛しながら美容効果までゲットできるというのはうれしいです。

ちなみに、コメットは敏感肌やアトピーの人も受けることが可能。

PPX

このPPXはちょっと特殊で、フラッシュでもレーザーでもない特殊な光を使った脱毛方法です。

出力は弱くても脱毛効果があることから、痛みが少ないのがメリットのようです。

このPPXはライトシェア・デュエットのように、肌を吸引しながら照射していきます。

施術はマッサージを受けているような感じ、という口コミもありますが、まったく無痛ではないみたいですね。

ユニークなのが、ジェルではなくミスト(水)を拭き付けてから照射していくこと。

脱毛以外の効果は、肌のキメが整い毛穴が引き締まるといううれしい効果も。

どんどん新しい医療脱毛マシンが登場して、痛いというイメージがだいぶ払拭されつつある医療レーザー脱毛。

まだまだ普及率がいいとはいえませんが、クリニックで脱毛することを決めたらどこにどんな脱毛マシンがあるのかチェックしてからクリニック選びをするといいですね。