中空照射で細かいところも脱毛自在!エリート・プラス

eliteplus

脱毛サロンの場合、S.S.C脱毛やIPL脱毛などの方法で肌にやさしい脱毛をしているとアピールしていることが多いですね。

しかしこのS.S.C脱毛やIPL脱毛というのは、要はフラッシュ脱毛のこと。

使用するマシンやジェルが違うことから名前がついていますが、効果はほとんど同じと考えていいでしょう。

一方、医療レーザー脱毛は脱毛サロンで使われるフラッシュ脱毛よりも個性的なレーザーがいろいろあります。

例えば、アレキサンドライトレーザーとヤグレーザーは、得意分野に少し違いがあります。

アレキサンドライトは産毛以外のムダ毛ほぼすべてに効果的な反面、痛みが強い傾向があり、ヤグレーザーは太くて根の深いムダ毛に効果があり、肌の色を問わずに脱毛できるのが特徴。

今回ピックアップするのは、そんなアレキサンドライトレーザーとヤグレーザーの2つのレーザーが照射できる「エリート・プラス」です。

エリート・プラスの特徴は?

エリート・プラスは、サイノシュア社の製造する脱毛マシンです。

先にも書いた通り、アレキサンドライトレーザーとヤグレーザーの両方の機能があるため、肌やムダ毛の状態によってレーザーを切り替えて使うことができます。

例えば普通は地黒だったり日焼けしてしまった場合は脱毛は断られます(脱毛サロンのフラッシュ脱毛でもNGとなります)

しかし、エリート・プラスなら肌の色を問わずに脱毛できるヤグレーザーが搭載されているので、自黒さんでも脱毛できます。

また、脱毛したい部分にシミやケガの跡などの色素沈着がある場合、その部分は普通の脱毛マシンでは脱毛できません。

しかしヤグレーザーは多少の色素沈着があっても脱毛可能なのです。

つまり、肌が黒かったり黒ずみなどの色素沈着があっても、レーザーを切り替えることで全身脱毛が可能なんですよ。

ジェル不要!照射面が触れない「中空照射」

アレキサンドライトレーザーの場合は、照射する前にジェルは使わないのが一般的です。

一方、ヤグレーザーはジェルを使うことが多いですが、このエリート・プラスはジェルは不要です。

なぜかというと、照射するのと同時に冷却エアが噴出されるから。

医療レーザー脱毛は、照射時に冷却装置がついているマシンの多くはジェルが必要なく、肌のクールダウンを照射と同時にやってしまうのでとてもスピーディーで効率のいい施術ができるんですよ。

また、一般的な医療レーザーは照射面を肌に当てていきますが、エリート・プラスは肌に直接照射面が触れません。

そのため、衛生面でも安心なんだそうです。

中空照射は、肌に触れないため照射面の角度の調整が自由自在。

膝のような凹凸があるパーツも均等に照射しやすいそうです。

エリート・プラスの脱毛の流れ

エリート・プラスでの脱毛の流れはだいたい以下のようになります。

  • 肌とムダ毛の状態をチェックしてパワーを調整
  • 試し打ち
  • 照射スタート
  • 軟膏や保護クリームなどを塗布
  • 気になる痛みは?

エリート・プラスは肌を冷却するためのエアを放出するんですが、その温度がすごいです。

なんと-30°!

この冷たいエアのおかげで、照射時の痛みを感じにくくして肌の炎症を抑えてくれます。実際にやってみると分かりますが、照射時の熱による痛みは人によっては火傷をしたくらいにかんじることもあり、結構つらいです。-30°の効果があればかなり痛みは和らぐでしょう。

一般的に、アレキサンドライトレーザーは痛みが強いと言われていますが、最新機種は一昔前よりかなり改良されて痛みが出にくくなっているそうです。

しかも、エリート・プラスは冷却装置付きなのでより痛みを感じにくい設計になっていると思います。

またジェルが不要なので、ジェルのせいで体が冷えて苦痛、ということもありません。

エリート・プラスのデメリットはある?

エリート・プラスの場合、照射口が小さいことから施術時間が長いという口コミがありました。

なので、全身脱毛をする場合は長時間拘束されてしまうこともありそうですね。

エリート・プラスは肌の色を気にすることなく脱毛でき、しかも痛みが心配な人も受けやすいレーザー脱毛です。

しみがある部分にも脱毛できるというメリットがあるので、色素沈着で脱毛を諦めていた人には特におすすめしたいです。