ムダ毛が濃く増えるのはこんな時!

483

ムダ毛の濃さや量は、非常に個人差が大きいですね。

私は、ひざ下やワキなどはムダ毛が濃く、量が多いのが悩みでしたが、中には男性なのにひざ下にほとんどムダ毛がない人もいます。

すごくうらやましい反面、自分の足がとても恥ずかしかったのをよく覚えています。

ムダ毛にはコンプレックスを感じていたので、すごくお金がかかってしまいましたが脱毛しました。お蔭で今はムダ毛に悩まされることはなくなり、快適です。

その一方、ムダ毛が薄くて、ちょっと剃るだけで目立たなくなるという人も多いですね。

しかし、脱毛するほどではないな~と思っていたのに、体質が変わったのかムダ毛が目立ってくるケースもあるそうです

また、脱毛しているのに脱毛するほどムダ毛が増えてしまうという例も。ムダ毛が増えたり濃くなる原因はなんでしょうか?

ムダ毛を左右するのは男性ホルモン

男性特有に想われがちな男性モルモンですが、女性も男性ホルモンを分泌しています。

よくホルモンバランスが崩れる、という言い方をすると思いますが、これは男性ホルモンと女性ホルモンのバランスが崩れることを指すことが多いです。

男性ホルモンは、いわゆる男らしさを作り出す作用がありますが、それ以外には体毛を増やしたり濃くする、肌が脂っぽくなる、ニキビができるなどのうれしくない症状がおきてしまいます。

男性ホルモンが増える原因は?

男性ホルモンが増えてしまう原因としてよく言われるのが、ストレス。

男女平等を前提に、学校でも会社でも男性と肩を並べて勉強したり仕事するのは当たり前となっています。

社会は男性を基準としたしくみが作られているので、女性が男性並みに働くことはストレスを感じるシーンが実は多いです。

特に、優秀な女性ほど期待されたポストに就くことも多く、完璧主義の女性はストレスをかかえやすい環境ができてしまいます。

このように、何かとストレスを感じやすい人は男性ホルモンが分泌されやすい状況にいます。

加えて、激務や夜遊びなど不規則な生活をしたり、バランスのいい食事ができないことも男性ホルモンを増やしやすいと言われています。

また、女性が更年期になると男性ホルモンが増えることからヒゲが濃くなる人も少なくありません。

男性ホルモンを減らすには?

男性ホルモンが極端多い場合は、多毛症などがおこることがあります。

この場合は、ホルモン治療をすることで改善することが可能。

このような例はあまりないですが、要は男性ホルモンよりも女性ホルモンを優勢にすることを心がけましょう。

1.まずはストレスを解消

仕事や人間関係がストレスになっている場合、状況を変えることは難しいかもしれません。

でも気持ちの切り替えやストレス発散のやり方を探して、うまくストレスと付き合うようにすることでだいぶ気持ちも楽になるはずです。

2.普段の生活の見直し

規則正しい生活とバランスのいい食事、しっかり睡眠を取ることも大切。

ここに加えたいのが、女性ホルモンを増やす食事やサプリメントです。

よく言われるのが、イソフラボンですが、これは女性ホルモンと似た働きをしてくれるので、積極的に摂りたいですね。

納豆や豆腐、みそといった大豆食品がおすすめ。

洋食が好きな人は、和食を食べる機会を増やしてみるといいかもしれないですね。

3.サプリメント

サプリメントなら、ノコギリヤシが男性ホルモンの分泌を抑えてくれます。

また女性ホルモンを増やすには、マカやプエラリアがいいかも。

サプリメントは、忙しい人でも手軽に摂取できるので便利ですね。

まとめ

基本的な生活を見直してみることで、ムダ毛が増えたり濃くなったりすることを防いでくれるだけでなく、美容面でもいいことだらけなので、ぜひ実行してみてください。