脱毛したらムダ毛が濃くなる?硬毛化現象とは?

452

ムダ毛のお手入れから解放されたい!ムダ毛を薄く、少なくしたい!という時に有効なのが脱毛です。

最近は、脱毛できるサロンやクリニックが増え、また脱毛料金が下がったことから脱毛する人がかなり増えていますね。

脱毛でムダ毛が減った、つるつるになれた!という人が多いですが、中には前よりもムダ毛が濃くなったり増えたりする人もいるのだとか。

これは「硬毛化現象」とか「多毛化現象」といわれ、実際に脱毛経験者の数パーセントの確率でなってしまうという説があります

せっかく高いお金を出して脱毛したのに、毛が濃くなったり増えたりしたらガッカリしてしまいますね。

今回は、ムダ毛の硬毛化現象、多毛化現象について解説していきます。

硬毛化現象、多毛化現象って?

脱毛サロンやクリニックで脱毛した時に、照射した部分だけムダ毛が太く濃くなる現象を硬毛化現象と呼んでいます。

一方、照射した場所だけがムダ毛が増えることを多毛化現象と呼びます。

なぜ硬毛化現象、多毛化現象が起きるのか?

一般的な脱毛サロンやクリニックでの脱毛方法は、ムダ毛の毛根の毛乳頭細胞に特殊な光やレーザーを当てることでダメージを与え、ムダ毛を細く、また生えにくくしていきます。

こうした照射は1度では効果は出にくいですが、何度も照射していくことで毛乳頭細胞を弱らせてやがて活動させないレベルまでダメージを与えます。

それなのに、なぜか照射した場所だけが毛が濃くなったりムダ毛が増えてしまうケースがあります。

この原因は、実は明確には現在解明されていないそうです。

ただ、いくつか原因となりそうな傾向はあります。

硬毛化現象、多毛化現象が起きるとされる要因とは?

照射のパワー不足

脱毛サロンやクリニックでは、照射する時にパワー調整ができます。

肌質や肌荒れ具合、ムダ毛の状態などを見て調整できるのですが、その時にムダ毛にダメージを与えるだけのパワーが出ていないと、硬毛化、多毛化しやすいという説です。

いわゆる「ショック療法」のようなもので、毛乳頭細胞を刺激してしまったことでムダ毛が活性化されてしまうというもの。

うまく照射が行われなかった

サロンスタッフの技術不足や、脱毛マシンの不具合など、なんらかの原因で照射がうまく行われなかったことも考えられます。

ムダ毛というのは、ホルモンバランスやストレス、加齢などいろいろな原因で濃くなったり増えたりすることがあり、照射失敗のタイミングでムダ毛が増えると、照射が原因でムダ毛が濃くなったように思えてしまうわけです。

硬毛化現象、多毛化現象が起きやすいパーツとは?

実は、どこでも硬毛化、多毛化が起きるわけではないようです。

なりやすいのは、上半身に集中しており、ムダ毛が薄く産毛状態のムダ毛ほどおきやすいそうです。

具体的には、肩や背中、うなじ、上腕、おしりのサイド、顔などがあげられます。

特に、顔は硬毛化、多毛化されたら目立つのでいやですね。

硬毛化現象、多毛化現象が起きたらどうしたらいいの?

一般的な対処法としては、より強いパワーで照射する方法がまずあげられます。

弱い照射が原因の場合は、この方法が一番いいでしょう。

次に、定期的に脱毛に通うことも有効です。

毛乳頭細胞にダメージを与えつづければ、ムダ毛はだんだん弱くなるはずですから、途中でやめてしまわない方が効果があるそうです。

どうしてもムダ毛が細くならない、減らない、という場合は、ニードル脱毛に切り替えるという方法もあります。

ただ、ムダ毛が多い場合は料金が高い上に脱毛がなかなか進まないためあまりおすすめしません

硬毛化、多毛化が気になるなら、契約する前にしっかりカウンセリングで硬毛化、多毛化についての質問や対処法を聞いておきましょう。

きちんと答えられないサロンやクリニックは避けた方がいいかもしれません。