顔そり・ムダ毛処理・ホルモンバランスの崩れで毛が濃くなる?

40

ムダ毛処理というのは定期的にお手入れしなければならないので、面倒ですよね。

ちょっとお手入れをサボったり忘れたりすると、ムダ毛がどんな風に周りに見えているのかとても気になったものです。

前も書きましたが、私は剛毛なムダ毛の持ち主でした。特に、足は男子並みの毛深さだったので定期的にカミソリで剃っていました。

しかしたまに忘れることもあります。

足の裏側がどんな状態になっているかチェックできない状況でスカートをうっかり穿いてしまった時は気になって仕方ありませんでした。

でも足ならパンツスタイルやタイツを穿いてしまえば隠すことも可能です。これが顔の場合はまず無理ですよね(マスクをするという手もありますが・・・)

顔のムダ毛が気になって顔そりする人は多いです。

しかし、剃っているうちにムダ毛が増えたような気がするとか、毛が濃くなった気がするという話を聞いたことはないですか?

実際はどうなんでしょう?

毛の断面が大きくなることで太くなったように見える?

多くの人がカミソリで顔そりしていますね。

私は顔は鼻下以外はムダ毛がほとんどなかったので、顔そりはしていませんでした(鼻下はカミソリで剃っていましたが)

顔そりするとメイクのりがよくなるので、頻繁に顔そりしてしまう人がいるようです。意外と熱心に顔そりする人に多いのが、ムダ毛を徹底的に剃りたい!と思って毛の流れに逆らって剃ってしまう人です。

肌に悪いだけでなく、ムダ毛の断面が大きくなることでムダ毛が太く見えてしまうこともあるのだとか。

ホルモンバランスが崩れることでムダ毛が濃くなる?

これは実際に聞いたことがあります。

ホルモンバランスが崩れることで男性ホルモンが通常よりも過剰に分泌されてムダ毛が濃くなるという話です。これは実際にはあるようですね。

またストレスで男性ホルモンが多く分泌されることで「オス化」するというコラムを読んだことがありますが、ストレスでムダ毛が増えることってあるみたいです。

ムダ毛があることでストレスを感じている人は、自分に合ったムダ毛処理でストレスをなくすことも大切ですね。

ムダ毛処理の刺激で濃くなる?

本来、ムダ毛というものは肌を守るために生えています。

人間は毛がかなり退化しており、未来は進化の過程でもっと毛が薄くなるかもしれません。

しかし、今の段階では、ムダ毛は肌を守るというコンセプトで生えてきています。

あまりムダ毛処理で肌やムダ毛を刺激しすぎると、ムダ毛が肌を守ろうとして太く濃いムダ毛が生えてくるという説があります。

この説は肯定派と否定派がいるのでどちらとも言い切れません。

しかし理にかなっているなと私は思います。

どちらにしても、肌に過剰な刺激を与えるムダ毛処理はいいことがありません。

その時はよくても、あとで色素沈着をおこしたり埋没毛になってしまうこともあるので注意が必要ですね。

まとめると顔そりで結局毛が太くなるの?

医学的には、ムダ毛処理で毛が太くなることはないと言われているようです。

しかし条件次第では、ムダ毛を刺激して太くなったり増えたりする可能性も否定できないようですね。

私も顔そりではないですが、鼻下をカミソリで剃っている時に前よりムダ毛が太くなったような気がしていました。私の場合は、年齢的なホルモンバランスの崩れが一番の原因かなと思っています。

顔そりでムダ毛を増やさない、太くしないためにすること

やはり正しいムダ毛処理をすることが大切だと思います。

特に、少なくても2週間以上間隔をあけてムダ毛処理することを心がけるようにしてほしいですね。

そして可能なら、顔も脱毛してしまうことで顔そりの手間もなくなり肌荒れすることなくメイクもバッチリ決められます。

最近は顔の脱毛もかなりメジャーになってきたので、顔そりに限界を感じたら脱毛してみるのもいいと思いますよ。