家庭用脱毛器のカートリッジって何?

390

ムダ毛が気になるけれど、脱毛サロンやクリニックにいちいち通いたくない、お金をかけたくない、という人にぴったりなのが家庭用脱毛器です。

好きな時にムダ毛処理でき、人前に肌を晒さなくていいので気楽ですね。

ところで、一度脱毛器を買ってしまえばもう費用もかからないし!と思っていざ購入したら、消耗品の費用がかかることにあとで気づいたという人も多いようです。

この消耗品とはなんでしょうか?

カートリッチは消耗品

家庭用脱毛器は、サロンに通うことを考えれば安いですが数万円から10万円くらいはします。

買う時はできるだけ安い脱毛器の方がいいような気がしてしまいますよね。

でもその前に、カートリッチのことも考慮して決めるようにしましょう。

このカートリッチは、フラッシュが光る部分のこと。

この光がムダ毛にダメージを与えてくれるんです。

カートリッチは消耗品のため、ある程度の回数を使用したらパワーが落ち、最後は光らなくなります。そうなる前に交換しなければなりませんが、このカートリッチ代がクセモノ。

カートリッチは、だいたい5000円から9000円台で購入できます。

しかし問題は、どれくらいのショット数や照射範囲で交換になるのかです。

1ショットいくら?

メジャーな家庭用脱毛器で比べてみると、1ショット当たりの料金は0.15円から7円台と幅広いです。

いくらカートリッジ自体の値段が安くても、ショット数が少なくすぐ交換しなければならないなら、カートリッチ代だけでもばかになりません。

自分が買う予定の脱毛器のカートリッチのショット数と金額は、あらかじめチェックしておきましょう。

1ショットの照射範囲も考慮しよう

どの家庭用脱毛器も同じ、と思いがちですが、照射できるヘッドの大きさも重要です。

この照射範囲は、1センチ×1センチから3.7センチ×2.5センチくらいまであります。

つまり、9倍以上!

1ショットの照射範囲が広いということは、ショット数が少なくてすむのでコスパの点でも優秀ですね。

しかも、広く打てるので施術時間が短くて済むというメリットもあります。

カートリッチの種類

カートリッジの大きさがいろいろ揃っている脱毛器は、広いパーツだけでなく指や鼻下など細かいパーツにも沿う小型のカートリッチがあると便利です。

カートリッチの種類が豊富なのはケノン。

大きさは3種類、美顔用のカートリッチまであるので人気があります。

他に必要なものってある?

脱毛サロンやクリニックでは、照射前にジェルを塗ることが多いですよね。

家庭用脱毛器を使う時は、これらのジェルは通常使いません。一部の機種では使っているようですが、特に必要ないです。

その代り、脱毛前は肌を冷やすための冷却パッドや冷たいタオルなどが必要です。

これらの冷却パッドは、脱毛器に付属品としてついていることも多いです。もしない場合は、保冷剤などで代用することも可能。

ただし、肌が濡れないように注意しましょう。効果が薄れてしまいます。

そして脱毛後は、肌を保護するための保湿ケアが必要です。

肌にやさしい保湿効果のあるローションやクリームなどを使いましょう。

もしほてりを感じるなら、肌をぬれタオルなどで冷やします。

また、脱毛前には肌に残っているムダ毛処理が必要になります。よく剃れるカミソリや電気シェーバーも必須。

脱毛サロンやクリニックと同様に、毛根を取ってしまう毛抜きを使わないことも大切です。

もしホクロやシミがある場合は、その部分を照射の光から守るシールのようなものも用意しておくと便利ですね。

まとめ

みんな同じように見える家庭用脱毛器。

調べてみた結果、本体価格だけでなくランニングコストに差があることがわかりました。

こうした価格面や使い勝手も比較してから購入するようにしましょう。