ソプラノ脱毛ってどんなレーザーなの?メリットとデメリットは?

361

どうせ脱毛するなら、しっかり効果がある脱毛方法を活用してなるべく早く脱毛を完了したいですよね。

それならクリニックの医療レーザー脱毛がおすすめなんですが、レーザー脱毛は脱毛サロンのフラッシュ脱毛と比べてしまうと、どうしても痛みが強いというデメリットがあります。

私も医療レーザー脱毛でだいたいのパーツを脱毛したんですが、私はニードル脱毛を体験していたためか余裕で大丈夫でした。

しかし、初めて脱毛する人や、脱毛サロンからクリニックに切り替えた人は、この痛みに耐えられないという人もいるようです。

そういった痛みに弱い人にぴったりの医療レーザー脱毛があるのをご存知でしょうか。それがソプラノ脱毛です。

ソプラノ脱毛ってどんなレーザーなの?

医療レーザー脱毛には、大きくわけてアレキサンドライトレーザー、ダイオードレーザー、ヤグレーザーがあります。

一番メジャーなのが、アレキサンドライトレーザー。

私もアレキサンドライトで脱毛していました。

脱毛効果もバッチリで、しかも美肌効果まであるすぐれたレーザーなのですが、照射時の痛みが強いことでも有名。

やはり両わきなどの狭いパーツならなんとか耐えられても、背中などの広いパーツは耐えられない!という人もいるようです。

一方、3つのレーザーの中で比較的痛くないといわれているのが、ダイオードレーザーです。

ダイオードは新しいレーザーのため、普及率はまだそこそこといったところ。ソプラノ脱毛ができる脱毛マシンは、このダイオードレーザーの一種なんです。

ソプラノ脱毛の特徴は?

通常の医療レーザー脱毛というと、黒い毛にアタックしてダメージを与える方法でした。

レーザーの黒いものに反応することを利用して脱毛していきます。

一方、ソプラノ脱毛は毛包だけにアタックする方法。これは蓄熱型脱毛と言われており、痛みや刺激を感じにくい脱毛方法なんだそうです。

ソプラノ脱毛のメリットは?

ソプラノ脱毛は毛包のみに作用し、従来のレーザー脱毛のように黒いものに反応することを利用していません。

だから、肌が黒い人でも脱毛することが可能なんです。

さらに、白髪や細い毛、色素の薄い産毛にも効果を発揮してくれるんですね。

また痛みが少ないので、痛みが強く感じやすいVIOゾーンの脱毛にもソプラノ脱毛は向いています。

痛みが少ないということは、肌にもやさしいことにつながります。

だから、医療レーザー脱毛をやりたいけれど肌が弱いから・・・という人にもおすすめのレーザーなんですよ。

ソプラノ脱毛にデメリットはある?

一番のデメリットは、導入しているクリニック数が少ないことがまずあげられます。

やりたくても、近くにクリニックがなければ通えないので意味がないですよね。

ただ、痛くなく肌にやさしい、肌質を選ばないレーザーなので、これから人気が出ることが予想されます。

今後、どんどん普及していくでしょう。

そしてまだマシン数が少ないことも原因だと思いますが、脱毛料金がアレキサンドライトレーザーよりも高めのところが多いようです。

もうひとつのデメリットですが、これは実際にソプラノ脱毛を体験した人がまだ少ないため、口コミ数が少ないだけでなく効果がどの程度続くのかがまだ未知数なところです。

これはどの最新機器でも仕方がない面がありますね。

危険性はないと思いますが、効果の点ではまだはっきりしていない面があることを頭に入れておきましょう。

実際にソプラノ脱毛を受けた人によると、通常のレーザー脱毛よりも施術時間(照射時間)が長いらしいですね。

これも人によってはストレスを感じるかもしれません。

照射時間は、マシンの改良などによって将来的には改善されることもあるかもしれないですね。

いずれにしても、痛いレーザーが苦手だったり、肌が黒い人にはありがたいレーザー脱毛マシンだと思います。

申し込む時は、他のレーザーとの違いなども合わせてしっかり質問し不安がない状態で施術するようにしましょう。