深いところのムダ毛に効果のあるヤグレーザー

357

クリニックで行う医療レーザー脱毛は、ほとんどがアレキサンドライトレーザーかダイオードレーザーです。

特にアレキサンドライトレーザーは、レーザー脱毛の草分け的存在のため、クリニックでの普及率が高い脱毛マシンといえるでしょう。

この二大脱毛方式の他にも、ヤグレーザーなどがあります。このヤグレーザーはどんな特徴があるんでしょうか?

ヤグレーザーとは?

レーザーは、医療的な治療としてクリニックで扱われてきました。

それが美容(主に美肌)にも使用されるようになり、やがて脱毛の施術でも活用されています。

一番メジャーなアレキサンドライトレーザーは、色素沈着などの治療にも使われています。このヤグレーザーも、リフトアップやしわの治療、そして脱毛といった美容に活用されています。

脱毛の面でいうと、ヤグレーザーは肌の深いところまでレーザーが届く特徴があり、深いところにあるしつこいムダ毛の脱毛に適しています。

そのため、太いムダ毛が生えてくるパーツに威力を発揮してくれます。

例えば、VIOゾーン。

太くて根元がしっかりしたムダ毛が生えやすいパーツですね。

他に、男性の太くて硬いヒゲは、肌の深いところにヒゲの根元があるのが特徴。

こうしたヒゲにもきちんとレーザーが届くのがヤグレーザーなのです。

ヤグレーザーのメリット

通常のレーザー脱毛やフラッシュ脱毛では、黒いものに反応することで脱毛していきます。

肌自体にはほとんど反応せず、ムダ毛にだけアタックするので肌にあまり負担をかけずに脱毛することができます。

一方、ヤグレーザーは黒いものに反応しにくいという特徴があります。そのため、肌が黒い人や日焼けした人、大きなしみなどの色素沈着がある人でも、ヤグレーザーなら脱毛可能なのです。

メラニン色素のあるパーツ(乳首、乳輪、肛門など)にあるムダ毛も、同じ理由で脱毛できるんです。

脱毛サロンやクリニックではこのパーツの脱毛は断られるので、脱毛したいパーツがあるならヤグレーザーのあるクリニックがおすすめです。

ヤグレーザーのデメリットは?

肌の深いところにも届き、色黒でも脱毛可能なヤグレーザー。しかしデメリットもあります。

他のレーザー脱毛よりも、やや脱毛効果が弱い点はデメリットです。脱毛後のムダ毛の再生率がやや高いのが、このヤグレーザーの弱点とも言われています。

もちろん脱毛サロンのフラッシュ脱毛よりは脱毛パワーは強いですが、他のレーザーと比べると効果は落ちます。

また、ヤグレーザーは他のレーザー脱毛よりも痛みが強い傾向があります。

特にヒゲの脱毛はかなりの痛みを伴うため、麻酔クリームを使ったり神経ブロックを行いながら施術することがよくあるようです。

サブ的な位置づけのヤグレーザー

ヤグレーザーはメリットはあるものの、デメリットの方が多いように思えてしまいますよね。

そのためか、ヤグレーザーをメインに使用するのではなく、サブとして使用しているクリニックが多いです。

最近は、いろいろなレーザー脱毛マシンを揃え、用途や脱毛する個人に合った脱毛マシンを選べるクリニックも増えています。

その他にレーザーの種類ってある?

他にはルビーレーザーというのもあります。

ルビーレーザーは初期に作られたレーザー。ただ、これは日本人には合わないので国内ではほとんど使われていません。

白人のようにメラニンが少ない肌に向いており、日本人が使用すると火傷等の危険があります。

脱毛以外では、ホクロやシミ対策で使われているそうです。

このほか、ダイオードレーザーでも、製造する会社によって効果や脱毛方法に多少の違いがあります。

最新のダイオードレーザーは、ジェルを使わずに脱毛できるようになっているのがその一例。

クリニックの脱毛はどこも同じ、だから安いところでいいや、と思う前に、どんなレーザーを使っているのかサイトなどで確認してから申し込むようにしましょう。