痛くない!人気のダイオードレーザーとは?

354

医療レーザー脱毛は、効果が高いようだけど痛い、というイメージがネックになっているという人が多いと思います。

でももし、あまり痛くない医療レーザー脱毛があったらいいと思いませんか?

実はあるんです。

それが、「ダイオードレーザー」です。

ダイオードレーザーって?

医療レーザー脱毛というと、アレキサンドライトレーザーが今でも主流です。

アレキサンドライトレーザーは脱毛効果だけでなく、美肌効果まで期待できるので人気があるんですが、比較的痛いと感じる人が多いのが現状。

そこで登場したのが、ダイオードレーザーです。

痛みがアレキサンドライトレーザーよりも小さいので、痛いのが苦手な人でも比較的受けやすいそうです。

どのくらい痛くないかというと、アレキサンドライトレーザーの半分以下という話もありますね。

ダイオードレーザーは、出力の調整幅が広く、太いムダ毛から細くて淡い色の産毛まで脱毛できるというメリットがあります。

すごいのが、毛包にも作用してくれること。肌の深いところにあるムダ毛にもしっかりレーザーが届き、効率よく脱毛可能です。

痛みが少ないということは、つまり肌にもやさしいということがいえます。

顔やVIOなど、敏感で痛みを感じやすいところでもダメージが少ないのはメリットですね。

ダイオードレーザーのデメリットってあるの?

ダイオードレーザーは取り扱っているクリニック数が、アレキサンドライトレーザーよりも少ないことでしょうか。

ダイオードレーザーは新しい脱毛マシンのため、まだまだ取り扱っていないクリニックも多いということでしょう。

しかしこれはだんだん解決されることが予想できます。

ダイオードレーザーの方が最新マシンのため、料金的にもやや高めの傾向があるところもデメリットでしょう。

ダイオードレーザーとアレキサンドライトレーザー、どっちがおすすめ?

脱毛の効果の点でいうと、どちらもそれほど差がないと言われています。

しかし、ダイオードレーザーは産毛も脱毛できること、痛みが少ないというメリットがありますね。

一方のアレキサンドライトレーザーは、取り扱っているクリニックが多く、美肌効果も期待できるのはメリットといえるでしょう。

脱毛を扱うクリニックは、都心などに集中しているため、住んでいる場所によっては通えるクリニックが限られることもあると思います。

どんなによさ気に見えても、通えないなら意味がないので、自分の生活圏にどれくらい脱毛可能なクリニックがあるのか、脱毛マシンは何を使っているのかをまずはチェックしてみましょう。

ダイオードレーザーはジェルを使うの?

医療レーザー脱毛の場合、施術前にジェルを塗らないというイメージがあります。

実際には、アレキサンドライトレーザーではジェルは塗らないことが多いようです。

一方のダイオードレーザーは、施術前に脱毛サロンのようにジェルを塗ります。最新のダイオードレーザーの中には、ジェルなしで施術していく脱毛マシンも登場しているそうです。

レーザーで脱毛するというのはちょっと怖い気がしてしまいますよね。

しかもジェルなしは不安に思うかもしれません。

ジェルなしでも大丈夫なわけは、照射口についている冷却装置があるから。肌を冷やしながら照射するので、ジェルによる冷却が必要ないそうです。

ジェルが必要ないと、体が冷えたりべたつきの不快感を感じないですむだけでなく、ジェルを塗ったり拭き取ったりする時間も節約できます。

背中など広いパーツを脱毛する場合は、ジェルを使うか使わないかで施術時間がかなり差がでそうですね。

次回は、ちょっとマイナーな医療レーザーのヤグレーザーを紹介していきますね。