脱毛クリニックのデメリットは?クーリングオフができない・痛みが強いなど

344

脱毛効果が高く、しかも少ない回数でムダ毛が減っていくのを実感しやすいのがクリニックでの脱毛です。

脱毛サロンに通っていたけれど、ムダ毛が全然減らない!という人がクリニックに通い直すケースも多いようです。

クリニックで行う医療レーザー脱毛は、脱毛サロンと比較すると施術料金が高い傾向がありますね。

およそ3、4倍くらいはするのが普通ですが、最近は低価格のクリニックも増えており、中には脱毛サロン並みに安い価格で脱毛を提供しているクリニックもお目見えしました。

医療レーザー脱毛の最大のネックであった料金の高さは、だんだん手頃になりつつあります。

今回は、料金以外の医療レーザー脱毛のデメリットについて調べてみました。

脱毛パワーは強いけれど、痛みも強い!

脱毛サロンでは、痛くない脱毛を提供していますね。

そして痛くないから続けられますよ、というアピールをしています。

確かに、サロンでの脱毛は痛くないとか快適、ストレスがないという声が多いです。しかしその反面、脱毛マシンのパワーも弱く、脱毛効果も弱いというデメリットが。

一方、クリニックの医療レーザー脱毛は、パワーの強い脱毛マシンを使います。パワーが強く効果が高い分、痛みも強くなってしまいます。

痛みが強いということは、肌へのダメージも受けやすく肌トラブルをおこすケースもあります。

ただ、医療機関なので適切な治療をその場でしてくれるので、万が一トラブルがおきても安心してまかせられるでしょう。

痛みに対しては、追加料金がかかってしまいますが麻酔クリームを使う方法もあります。

脱毛マシンの出力の調整や、マシンが数種類ある場合は毛質や肌質に合ったマシンを検討してもらえます。

どれくらいの痛みなのか試し打ちもしてくれるので、痛みが怖い人はよく相談して不安をなくしてから脱毛しましょう。

クーリングオフできない?

脱毛サロンやエステの場合、クーリングオフや途中解約することが可能です。
(途中解約は手数料がかかってしまうこともあります)

しかし医療クリニックの場合は、クーリングオフ対象外。特定商取引法により、クーリングオフや途中解約をしていないクリニックがほとんどです。

中にはクーリングオフや途中解約OKを売りにしているクリニックもありますが、少数派と思った方がいいですね。

クリニックで脱毛する時は、脱毛サロン以上に慎重によく考えることが大切です。

クリニック数は脱毛サロンに比べると少ない

私が脱毛していた10年以上昔、田舎には脱毛できるクリニックもサロンもありませんでした。

わざわざ都内まで脱毛に通ったこともあります。今は、私の住む田舎にも脱毛サロンがちらほら誕生しています。

でも脱毛可能なクリニックはまだありません。

これは全国的に見ても、「脱毛サロンはあるけれどクリニックはない」という地域は多いようです。

脱毛ができるクリニックは主に大都市に集中しており、脱毛サロンのように支店に代わりに通うというスタイルも今のところないようです。

クリニックで脱毛しよう、と思っても近くになかったり、選択肢がなかったりするのはデメリットになってしまいますね。

施術後に赤みや痛みがでやすい?

脱毛サロンの場合、施術後は見た目は施術前とほとんど変化がなく、すぐメイクすることも可能です(できればメイクは避けた方がいいですね)

しかし医療レーザー脱毛の場合は、赤みや腫れが出やすい傾向があり、特に肌の弱い人はメイクは避けた方が無難。クリニックで顔を脱毛した場合は、その日は予定を入れない方がベターです。

脱毛は毛周期があるため、どうしても長期にわたって施術しなければなりません。

脱毛サロンよりも早く脱毛が完了するクリニックはメリットもありますが、デメリットもあります。

脱毛サロンのように、気軽に掛け持ちしたり切替するのは難しいので、クリニック選びは慎重に行うようにしましょう。