脱毛で痛いのはどのパーツ?痛み対策ってできるの?

332

ムダ毛を脱毛することにしたけれど、脱毛する時に痛かったり刺激を感じるのは怖いな、と思っている人は多いのではないでしょうか。

最近は、ほとんど痛くないと言われるフラッシュ脱毛を採用している脱毛サロンが多いです。そのため、脱毛は痛いというイメージはかなり薄れつつありますね。

しかし、痛みがほとんどないとされるフラッシュ脱毛を受けたにもかかわらず、痛くて苦痛だったという人は少なからずいるようです。

脱毛の時の痛みとはどんなものでしょうか?

また痛みを防ぐ方法というのはあるのでしょうか?

痛い脱毛方法と痛くない脱毛方法

脱毛=痛いというイメージが根強いのは、かつて主流だったニードル脱毛の影響が大きいのではないでしょうか。

ニードル脱毛は、電気脱毛とか針脱毛という言い方もします。

毛に直接電気を流し、毛根を根こそぎ取り出すため、その場でムダ毛をもう生えてこない状態にすることができる脱毛方法です。

ニードル脱毛は痛みが強く、脱毛直後は毛穴が赤くなったり血がにじむこともあります。

私も、ニードル脱毛をやっていた頃はサロンに行くのが憂鬱でした。

痛いし1本ずつ処理するので、どうしても時間がかかってしまうんですよね。

そんなニードル脱毛に代わって、今主流なのがフラッシュ脱毛。

クリニックの医療レーザー脱毛よりも出力が弱く、肌に刺激を感じにくい脱毛方法です。

フラッシュ脱毛はほとんど痛くないとか、ほのかに温かさを感じるという人が圧倒的に多いですね。

痛みの強さを比較すると、

フラッシュ脱毛>>医療レーザー脱毛>>>>>>>ニードル脱毛

このくらいの差があると思います。

実際にどんな痛みなの?

私は両わきをニードル脱毛で脱毛していました。

痛みは、「太い毛を毛抜きで抜く時」のような痛みでしたね。痛みのあまり、少し休憩しながら施術してもらっていました。

次に医療レーザー脱毛ですが、これはよく言われる「輪ゴムを肌に当てられた時のような痛み」でしょうか。

私はもう少し痛みは少なかった気がします。

出力や脱毛マシンによっても痛みの強さは変わると言われています。

フラッシュ脱毛に関しては私は経験がないですが、脱毛サロン通いしている友人によると「ほわっと温かい感じ」で時々「ピリっと刺激を感じることもある」ということでした。

痛いのはどのパーツ?

他のパーツはそんなに痛くなかったけど、ここはすごく痛かった!というパーツの代表がVIOライン

肌が敏感なパーツであるだけでなく、ムダ毛も太い傾向があるため痛みを感じやすいそうです。

VIO以外では、両ワキや顔(鼻下)などは痛いと感じやすいようですね。

他に、ムダ毛が多かったり毛が太いパーツは痛みを感じやすい傾向があるそうなので、痛みに関しては個人差が大きいといえるでしょう。

痛み対策ってできるの?

「痛がりだから脱毛が怖い!」という人は、痛みが最も少ないフラッシュ脱毛をまずは試してみるといいでしょう。

痛み対策としては、肌トラブルがあると痛みを感じやすくなるので、肌のお手入れをきちんとしてから施術するようにすると大分違うはずです。

特に保湿をしっかりしておくと痛み対策につながります。

また刺激物が好物な人も、脱毛前は香辛料の利いた食事やコーヒー、アルコールは控えるようにしましょう。

不安から痛みに敏感になることもあるので、自分なりのリラックス法で痛み対策することも効果があります。

必要なら、鎮痛剤を飲むのも有効でしょう(必ずサロンスタッフに了解を得てください)

施術がはじまったら、もう後戻りできない!と思うかもしれませんが、スタッフさんが痛くないか声かけしてくれるので、もし痛かったら申し出ても大丈夫です。

事前に自分が痛がりであることや痛みに対して不安があることをどんどん言っておきましょう。

これでだいぶ気が楽になって施術がスムーズにできるはずです。