ニードル脱毛が一番確実って聞いたけど、実際どうなの?

278

かつて脱毛といえば「ニードル脱毛」が主流という時代がありました。私が脱毛していた10年よりもっと前は、他に脱毛する方法はありませんでした。

ニードル脱毛は、針脱毛とか電気脱毛とも呼ばれていましたね。針とか電気と聞くと、ちょっと怖い印象があるかもしれません。

ニードル脱毛ってどんな脱毛方法?

私がニードル脱毛を受けたのは、あの大手エステサロンのTBCです。

今でもTBCでは、フラッシュ脱毛だけでなくニードル脱毛(TBCでは「TBCスーパー脱毛」という名称です)も行っています。

ニードル脱毛は、ムダ毛の毛根に特殊な電気を流し、ムダ毛を根ごと抜いてしまう方法です。

毛抜きなどで抜いた場合と違い、毛の再生を行う組織を破壊してムダ毛を取り除くので、一度処理した毛はもう二度と生えてくることがないと言われています。

通常、「永久脱毛」というのはこのニードル脱毛のことを指していました。

ただ最近は医療レーザー脱毛や脱毛サロンのフラッシュ脱毛までひっくるめて永久脱毛と呼ぶ人もいるため、少々ややこしくなっているのが現状です。

ニードル脱毛のやり方は?

ニードル脱毛のやり方ですが、フラッシュ脱毛とは根本的にやり方が異なります。

まず脱毛前はシェービングを行いません(長すぎる場合はカットしてから脱毛します)

これはなぜかというと、毛がほどほどに生えている状態じゃないと施術できないからです。毛(毛穴)に電気を通すので、毛が毛穴覗いていないと施術はかなり困難です。

サロンでの施術の流れは、まず肌をローションなどで拭きとり整えてから脱毛マシンで処理していきます。

ムダ毛を1本ずつ処理していき、終わったら肌のお手入れと冷却をして終了となります。

ニードル脱毛はどこで受けられる?

脱毛サロンではニードル脱毛を扱っているところはないようです。

エステでは、TBCだけのようですね。

といっても、TBCもニードル脱毛だけでなく、フラッシュ脱毛だけのコースやニードル脱毛とフラッシュ脱毛を組み合わせたコースを提供しています。実際には、ニードル脱毛だけをやっている人は少ないみたいです。

他には、クリニックではニードル脱毛をやっているところはチラホラありますね。

ニードル脱毛のメリットは?

ニードル脱毛の最大のメリットといえば、1度処理した毛穴からはもう二度とムダ毛が生えてこないということ。

他の脱毛方法(特にフラッシュ脱毛)では、毛が再生することもあるようですが、ニードル脱毛なら確実にムダ毛をなくすことが可能。

また、地黒だったり日焼けして肌が黒くなってしまった肌でも脱毛できるというメリットもあります。

白髪や産毛など、フラッシュ脱毛や医療レーザー脱毛では難しいムダ毛も、ニードル脱毛なら処理することができます。

私も、医療レーザー脱毛で残ってしまったワキの産毛をニードル脱毛でキレイにしました。

おかげで、もうほとんどムダ毛のない状態が続いています。

ニードル脱毛のデメリットは?

ニードル脱毛には処理した毛はもう生えてこなくなるというメリットはあるものの、そのメリットを凌駕するほどのデメリットがあります。

まず、非常に痛いこと。
私も経験しているからわかりますが、毛抜きで抜く以上の痛みを感じました。
これがネックで脱落していく人は少なくありません。

それと、なかなか処理が進まないこと。1本ずつ丁寧に処理していくため、どうしても時間がかかってしまいます。
そのため、脱毛料金はかなり高額。

他には、ニードル脱毛を扱っているサロン、クリニックが少ない、スタッフによって技術の差がある、などです。

ニードル脱毛の料金は?

TBCの場合は、1本当たり108円から(メンバーの場合)となっています。部位によってはもっと高くなります。

クリニックは時間単位(5分~)や1本ごとの料金を設定しているところなどさまざまです。

5分で3000円くらいが相場のようです。

また、針代や検査料、軟膏などが別料金になることもあるので、どうしても高額になってしまいますね。

脱毛サロンのフラッシュ脱毛、クリニックの医療レーザー脱毛に押され、影が薄くなったニードル脱毛。しかし脱毛の確実性や、他の方法で処理できなかったムダ毛も処理できることから、一部では根強い人気があります。

ある程度脱毛サロンやクリニックでムダ毛をなくしてから、残りをニードル脱毛で処理すると、脱毛料金と時間を節約しつ完璧なつるつる肌になれます。