わき脱毛するとワキガが治る?ひどくなる?どっちが正解?

275

ワキを脱毛するとワキガが治るという話、聞いたことがありませんか?

実際に、ワキガ治療で脱毛を行うこともあるというので、結構信憑性がありますよね。

しかしその反対に、ワキガじゃなかったのにワキ脱毛したらワキガのような匂いがするようになった、という話も聞いたことがあります。

相反するこの2つの話、実際にはどちらが正しいのでしょうか?

ワキガの汗と普通の汗は違う!

汗というとどれも同じと思っている人も多いですが、実は汗には2種類あります。

まず一つ目が、エクリン腺から出る汗。

これはいわゆる普通の汗のことです。

スポーツをしたり、暑い日に自然に体温調整のために出てくる汗。寝汗もこのエクリン腺から出る汗です。

このエクリン腺はほぼ全身にあります。

透明でサラサラした水っぽい汗のことで、この汗自体はほぼ無臭。

もう一つがアポクリン腺から出る汗。

このアポクリン腺は限られたところにしか存在しません。

場所はワキやデリケートゾーン、肛門、胸などに集中していると言われています。

いわゆるワキガ体質の場合、このアポクリン腺が発達しているのだそうです。

アポクリン腺は誰でも持っていますが、アポクリン腺が発達しているというワキガ体質の人は日本人ではそれほど多くありません。

脱毛でワキガ臭が減るというのは事実?

実際に、ワキガ治療で脱毛を行うこともあるため、脱毛はワキガの症状を減らす効果はあるようです。

アポクリン腺は、毛穴に沿っているため、脱毛のフラッシュやレーザーでダメージを与えることでアポクリン腺を弱らせることが可能なのだとか。

アポクリン腺の活動が弱まり、ムダ毛がなくなることで肌のお手入れがしやすくなります。

ワキガの匂いというものは、拭いてもなかなかしつこく残ることがありますが、匂いの元が減りムダ毛に残る匂いもなくなるため、汗が出てもさっと拭くだけでだいぶ匂いが抑えられるのだそうです。

しかし、脱毛がなくなることで汗が増えた、匂いが気になるようになったという声も確かにあります。

これはムダ毛がなくなったことにより、汗を感じやすくなったり気にして余計に汗が出てしまうからなんですが、中には前はワキガじゃなかったのに脱毛後にワキガになったのではないかと不安に思っている人もいるそうです。

フラッシュ脱毛ではワキガは治らない?

医療レーザー脱毛よりも出力の弱いフラッシュ脱毛では、アポクリン腺へのダメージを与えられないという説もあります。

また効果も人それぞれ個人差があることも大きいです。

軽度のワキガなら治る可能性がありますが、症状が重い場合はワキガ用の治療をしっかり行うようにした方が効果が期待できるでしょう。

脱毛したらワキガになることってあるの?

ワキガじゃなかったのに、成長する過程でだんだんワキガになる人も中にはいるそうです。

ワキガになるタイミングが脱毛した時期とかぶると、脱毛のせいでワキガになったように思えるのではないか、と言われています。

しかし多くは、汗が増える(実際は増えていないことが多い)ことにより匂いに敏感になることからくる「気のせい」というケースが多いのだとか。

体臭を気にする、つまりストレスを感じると自律神経が刺激されてアポクリン腺から汗が出るようになってしまうのです。

だから「前よりも匂う」ような気がしてしまうんですね。

私自身の経験ですが、もう10年以上前にワキは脱毛済みです。

しかし、以前より匂いが気になったことは今のところないし、周りから匂いを指摘されることもないです。

ワキ脱毛した友達も何人かいますが、匂いが気になったこともありません。脱毛したらワキガになるんじゃないか、と怖がることはないのではないでしょうか。

脱毛したら、まずは匂いのことを気にしないこと、肌を清潔にすること、そして汗対策(制汗グッズを使うなど)をしっかりすることでだいぶ匂いが気にならなくなるはずです。