脱毛でまだらにムダ毛が残ることってあるの?

270

やっかいなムダ毛をどうにかしたい!と脱毛サロンに通いだす人が増えていますね。

安いキャンペーンがどの脱毛サロンにもあるので、一昔と比べるとかなり脱毛は市民権を得てきたと感じています。

脱毛をスタートさせたことで、これでムダ毛がないキレイな肌になれる!とワクワクしている人も多いでしょう。

しかし脱毛を何度か受けているうちに、受けたはずのパーツにまだらにムダ毛が生えてきてガッカリしたという声もあります。

もしや打ちもれ?それとも脱毛の効果ってこんなものなのかな?と思ったことはありませんか?

ムダ毛の仕組みを理解しておこう

未だに「脱毛しに行ったらすぐツルピカの肌になれる!」と思い込んでいる人は多いです。
しかし現実はそんなに甘くなく、何度も同じパーツを脱毛してやっとムダ毛が気にならなくなっていきます。

この仕組みは、毛の毛周期が関係しています。

今、肌の表面に見えているムダ毛は、肌全体のほぼ1/3程度しかありません。

他の2/3はどこにあるの?と思うかもしれませんが、これは肌の中で次の出番を待っているムダ毛が1/3、少し前に抜け落ちたばかりで今は給仕中のムダ毛が1/3なのです。

この毛周期はパーツごとに若干のサイクルの長さが違いますが、ほぼ2か月ごとに変わります。
そのため、脱毛中は2か月前後に1回の割合で施術するのが一番効率がいい方法です。

では3回施術すればムダ毛はなくなるかというと、そうでもありません。

脱毛サロンのフラッシュ脱毛は肌にやさしいものの、毛根へダメージを与えるパワーはやや弱め。

1回当てるだけで効果のある人もいますが、目立つような剛毛の人は何度も照射した方がしっかりと脱毛効果を感じられます。

そのため、脱毛サロンなら10回以上脱毛を受けることをおすすめしています。

脱毛回数が少ないなら打ちもれでない可能性が高い?

こうした毛周期や脱毛マシンのパワーを考慮すると、数回でムダ毛がスッキリする、ということはあまりありません。
まだらにムダ毛が生えてきた!と思う人の大半が、まだ数回しか脱毛していない人に多いそうです。

特に、5~7回くらいになるとムダ毛が減ってくるのを実感できる時ですが、ムダ毛がきれいになったところとまた生えてきているところが混ざり合い、まだらに生えてきているように思えてしまうのです。

打ちもれかどうかの判断はこの方法で!

それでも、打ちもれの可能性もないわけではありません。
人の手で照射していくため、多少フラッシュのライトがうまく当たらないこともあり得ます。

打ちもれなのかどうかの判断は、見た目でわかりやすいのでチェックしてみましょう。
打ちもれした場合は、脱毛マシンのヘッド(ほとんどが長方形の形をしています)を当てたような、真っ直ぐにムダ毛が残るのだそうです。
ランダムではなく、真っ直ぐに揃えたようにムダ毛が残ったら打ちもれの可能性が高いと考えていいでしょう。

まだらにムダ毛が残るのを防ぐ方法はあるの?

脱毛サロンのコースを選ぶ時、一番照射回数の少ないプランを選ぶと打ちもれのリスクが高まります。

もちろん技術を磨いたスタッフがきちんと施術しますが、ミスは誰にでも起こり得ること。
照射回数の多いプランなら、打ちもれ箇所があったとしても打ちもれ箇所が見た目ですぐわかるため、次回にきちんと処置してもらえます。

打ちもれだけでなく、照射回数が少ないとしっかりムダ毛の毛根にまでダメージを与え切ることが難しくなるので、やがて元通りになってしまうケースもあります。

ムダ毛の再生を防ぐにはしっかり毛根にダメージを与えること、つまりある程度照射回数の高いプランを選ぶことでムダ毛のないキレイな肌に近づけます。

打ちもれかな?と想ったら、脱毛サロンやクリニックに相談してみましょう。
打ちもれでない場合はワンショット脱毛を勧められることもありますが、打ちもれなら再照射してくれる可能性もあります。