注目!ハイパースキン脱毛ってなに?メリットとデメリットとは?

162

脱毛サロンでの脱毛の主流となっているのは、肌にやさしいとされるフラッシュ脱毛です。

施術時間も短く、痛みがほとんどないので、従来の脱毛方法よりストレスがなく人気がありますね。

このフラッシュ脱毛のシェアは、おそらく脱毛サロンの中では95%以上を占めているのではないかと思います。

そんな人気のフラッシュ脱毛ですが、さらに肌にやさしく、制限があまりない脱毛方法が今注目されています。

それが「ハイパースキン脱毛」です。

ハイパースキン脱毛とは?

脱毛というと、脱毛サロン・エステのフラッシュ脱毛、クリニックの医療レーザー脱毛、一部サロンで行われているニードル脱毛などが今までは代表的な脱毛方法でした。

じわじわと人気が出ているハイパースキン脱毛は、これらの脱毛とは注目点がまず違います。

従来の脱毛方法で注目していたのは、すでに生えている毛でした。つまり、今生えている毛にダメージを与えて、だんだんムダ毛をなくしていくように仕向けるのが今までの脱毛法。

それに対して、「まだ生えていない、これから生えてくる毛」にアプローチするのが、ハイパースキン脱毛です。

ハイパースキン脱毛はムダ毛がない状態でできる!

ハイパースキン脱毛は、今ムダ毛が生えていようとなかろうと関係ありません。

つまり、ムダ毛が生える前の状態の毛に照射していきます。ハイパースキン脱毛が狙っているのは、毛の細胞分裂を減退させていくこと。

フラッシュ脱毛もそうなのですが、ハイパースキン脱毛はすでに生えているムダ毛にはアプローチしません。

ハイパースキン脱毛の施術方法は?

一般的なハイパースキン脱毛の施術の流れは次の通りです。

まずはシェービング(自分で除毛するように指示のあるサロンもあり)したあとに、施術するパーツを消毒します。

次にジェルをつけて照射。照射後はローションなどを塗り、終わり。

あれ?普通の脱毛サロンのフラッシュ脱毛と同じ!と思う人もいるでしょう。

ほとんど脱毛の施術の流れは同じですね。照射時間も、両わきで数分なのでほぼ同じ。

違いは、照射後の肌の鎮静がないくらいでしょうか?

なぜ肌の鎮静(冷却)がいらないかというと、ハイパースキン脱毛の光は熱を発生させないから。熱が肌の内部にこもることもなく、熱による炎症の心配がないからです。

ハイパースキン脱毛のメリット

フラッシュ脱毛が登場した時、痛くて時間がかかりすぎる、値段が高い!という脱毛のデメリットがかなり解消されました。

ハイパースキン脱毛は、フラッシュ脱毛のさらに上を行くデメリットの少ない脱毛方法です。

まず肌にやさしいこと。

フラッシュ脱毛も肌にやさしい脱毛と言われますが、肌状態によっては痛みや炎症をおこすことも。ハイパースキン脱毛は照射しても熱がこもらず、痛みもほぼないため肌ダメージがおこりにくいというメリットがあります。

また、フラッシュ脱毛は施術をしたら2か月ほど間をあける必要がありました。

ハイパースキン脱毛はなんと3週間置きの脱毛も可能!早く脱毛効果を実感したい!という人にぴったりです。

さらに、ハイパースキン脱毛の光はコラーゲン生成の効果が期待できるとされ、肌のコンディションがよくなったという人が増えてきます!

生えているムダ毛ではなく、ムダ毛の「芽」に働きかけるので、まだムダ毛の生えていない幼児でも脱毛できるというから驚きです!

ハイパースキン脱毛にデメリットはある?

まだまだ新しい脱毛方法なので、取り扱っている脱毛サロンが少ないのはデメリットといえるでしょう。

でもこれは今後増えることが期待できそうですね。そして気になる脱毛料金ですが、一般的なフラッシュ脱毛より若干高めである傾向があるようです。

脱毛といえば、脱毛サロン(フラッシュ脱毛)かクリニック(医療レーザー脱毛)で迷っていたのが、次からはハイパースキン脱毛も候補にあがる時代になってきているようですね。

気になった人は、近くにハイパースキン脱毛を採用しているサロンがないかチェックしてみてください。