脱毛後に気を付けること 当日の入浴はぬるめのシャワーならOK 日焼けはご法度

129

初めての脱毛を終えたあとは、ホッとしますね。

施術中はいろいろとドキドキしたり、痛みがないか心配だったり、肌にダメージがでないか不安になったりしがちです。

私も、初めての脱毛の時は何もかもが初めてのことだったのでドキドキと不安感、そして期待感でいっぱいでした。

やっと施術が終わったら、次の施術日の予約をして帰宅となります。

次回の脱毛は、だいたい2か月後。

ほっとした解放感と、意外と脱毛ってカンタンだったとか楽勝!と思う人もいるでしょう。

しかしここで注意したいのが、脱毛後の肌のお手入れです。

施術が意外とあっさり終わるので、お手入れをいい加減にやってしまい、あとで肌トラブルがおきてしまう人も中にはいます。

脱毛したけど見た目に変化なし?

脱毛した当日は気を付けないといけないことがいくつかあります。

フラッシュ脱毛は、照射したあともほとんど見た目の変化がないことが多いため、肌ケアをさぼってしまう人もいます。

しかし、フラッシュ脱毛や医療レーザー脱毛は肌の内部に熱がこもることが多いので、肌の体温が上がりすぎないようにケアする必要があります。

これを怠ると、あとで発疹がでたり赤みが増したりすることもあるそうです。

脱毛した当日の肌ケア方法は?

脱毛サロンやクリニックでは、カウンセリング時や脱毛した日にどんな肌のお手入れをしたらいいか、また避けてほしいことなどを教えてくれます。

まず脱毛当日は湯船に浸からないこと。

なぜかというと、湯船に浸かることで肌も体も温まります。

肌に炎症があったり、熱がこもっている時は、湯船に浸かることで肌トラブルが起きやすくなってしまいます。

日焼けした日はぬるめのシャワーがいいといいますよね?それと同じです。

脱毛当日はそれじゃ入浴できないのでしょうか?

照射のためにジェルを塗った場所がベタベタしていやだな、と思うでしょう。

実際は、ぬるめのシャワーならOKです。

気を付けてほしいのは、脱毛した部分の洗い方。スポンジなどでゴシゴシ洗うのはNG!

できれば手洗いがベストです。やさしく洗い流すようにしましょう。

洗った後は、脱毛サロンやクリニックでクリームなどが出された場合はそれを塗り、ない場合は保湿効果のあるローションなどをつけます。

日焼けもご法度

両わきやデリケートゾーンなど、普段は洋服で隠れているパーツの脱毛なら関係ありませんが、ひざ下や腕、顔などの脱毛をした場合は日焼け止めを使いましょう。

とはいえ、施術した部分に日焼け止めをすぐ塗るのは抵抗がある人もいるかもしれません。私も日焼け止めをすぐ塗るのはいやだったので、ひざ下を脱毛した時はパンツスタイルでクリニックに行きました。

脱毛したパーツは、長そでの服やパンツスタイル、帽子などで日差しから肌を守る方法もあります。

鼻下の脱毛なら、肌当たりのソフトなマスクを利用するといいでしょう。

その他の注意点

脱毛当日は、体温が上がらないようにすることを前も書きましたが、お酒も体温が上がりやすいので脱毛当日は避けましょう。

同じ理由で、サウナやスポーツもダメです。特に肌が弱い人は、脱毛当日だけでなく2~3日は肌の調子をよく観察して無理をしないことが大切です。

他の注意点としては、脱毛したパーツのムダ毛処理は、毛抜きなどの抜くタイプのお手入れはしないこと。

これは脱毛中はもちろん、脱毛直後は特にしてはいけません。せっかく施術したのだから、ムダ毛が抜けてくるのを待ちましょう。

もしどうしてもムダ毛が気になるなら、電気シェーバーか除毛用のカミソリでやさしく処理するようにします。

脱毛直後の肌はとても敏感になっています。

見た目ではいつもと変わらないように見えても、おおざっぱなお手入れで肌あれしてしまうこともあります。

ほてりや赤みがでたら、冷たいタオルや保冷剤を使って炎症を抑えるようにしましょう。

もし肌の状態が悪化したら、サロンへすぐ連絡し正しい処置方法を聞くことも忘れずに。