脱毛でハイジニーナの口コミ体験談 パイパンのメリットとデメリット

haiji_1

VIO脱毛をする人が増えています。

VIOを脱毛サロンやクリニックで脱毛するのは抵抗がある、という人も、興味を持っている人はかなりいると思います。

私も恥ずかしさが勝ってしまって決心がつきませんが、いつかはVIOを脱毛してみたいと思っています。

やはりデリケートゾーンの痒みやムレがなくなると、かなり快適らしいですから。

それに、高齢になってもし介護を受ける時に、VIOのムダ毛がないとお手入れが楽だとも聞きます。

ところで、VIOの形の中でも全てのムダ毛をなくしてしまう「ハイジニーナ」、いわゆる「パイパン」がじわじわと人気が出ているようです。

今回は、そんなハイジニーナについて掘り下げていきます。

男性はVIO脱毛には保守的?

一部のメディアでは、男性にはハイジニーナ脱毛が大人気!と煽ったような記事もあるようですが、一般的には男性はVIO脱毛には保守的な考えを持っている人が多いようです。

男性が女性にしてほしいVラインの形はなんだと思いますか?

それは、小さ目の逆三角形。

アンダーヘアは少な目。

そして大切な場所を隠すような、奥ゆかしい感じの小さ目に整えたアンダーヘアが好まれるようです。

この形はナチュラルに見えるので、イヤだという人はまずいないようですね。

女性から見ても、好感度の高い形だと思うし、私もこの形は無難だと思います。

他に人気なのは、楕円形。

丸みのあるフォルムなので、やさしい印象になります。

そして気になるハイジニーナですが、一部の層には人気があるようです

かつてはつるつるのパイパン状態は、「プロの女性」っぽいからイヤ、という声が多かったですが、最近は若い層ほど支持率が高いようです。

一方、好感度が低いVIOの形はずばり生えっぱなしのぼさぼさ状態。

ショーツからはみ出るほどのアンダーヘアは、不潔感があるしお手入れもきちんとしていないだろうと思われてしまいます。

あまりお手入れしすぎることに抵抗がある人も、ボリューム感を抑えてみっともなくない程度には整えた方がいいと思います。

ハイジニーナ脱毛のメリット

アソコのムダ毛がなくなると、様々なメリットがありかなり快適になるそうですね。

というわけで、ハイジニーナ脱毛のメリットを挙げてみました。

1.ムレや痒みがなくなる

ぴったりしたショーツを穿く女性のアソコは蒸れやすいものです。

ムダ毛があることで、水分の蒸発がうまくいかないだけでなく、ペーパーで拭いても水分が拭き切れていないことも。

ぴったりしたジーンズやレギンスを穿く人は特に注意!

通気性がよくないので、蒸れからくる匂いが発生してしまう危険もあります。

ハイジニーナにすることで、こうした蒸れから解放されいつでも清潔でいられます。

また、生理の時もムダ毛がないため、清潔な状態をキープしやすいです。

2.可愛い下着を着こなせる

アンダーヘアがぼさぼさだと、可愛い下着をつけても可愛くなくなってしまいます。

ショーツからはみ出すムダ毛、レースから透けるムダ毛のせいで、せっかくの下着も台無しに。

またTバックを穿くなら、ハイジニーナにしておくとムダ毛も気にならずかっこよく決まりますね。

もちろん水着になる時も、もうムダ毛のことを心配しなくていいのでかなり楽です。

3.一部の男性には熱烈歓迎される

アンダーヘアには保守的といわれる男性ですが、一部の男性にはハイジニーナは歓迎されています。

ムダ毛のない状態はつるつるしていて気持ちがいい、とかイチャイチャする時にムダ毛がないので快適だという人も。

パートナーが外国人の場合、ハイジニーナに抵抗がないことも多いようです。

ハイジニーナにするかはともかく、VIOを脱毛することでは見た目だけでなく衛生面でもメリットが多いです。

まずはVIOを適度に整えてから、ハイジニーナにすることもできるので、悩んでいるならチャレンジしてみてもいいのではないでしょうか。

続いて、ハイジニーナのデメリットにも迫っていこうと思います。

ハイジニーナにはデメリットもある

ムダ毛の多さで悩んでいる女性は多いですが、最近は脱毛サロンが増えて料金が下がったことで脱毛人口はかなり増えています。

中でもVIO脱毛は、最近キャンペーンをしていることが増えたため、ジワジワと人気が出てしますね。

VIOラインの中では、Vラインはある程度ムダ毛を減らして、Iライン、Oラインはつるつるにする、というのが主流のようです。

つまり、Vラインはつるつるにするハイジニーナよりも、多少残して形を作るのが人気。

しかし海外ではハイジニーナ(パイパン)にするのは当たり前になっており、日本でもハイジニーナにする人も増加中!

可愛い下着や、露出度の高い下着、Tバックを穿いてもムダ毛が気にならないことや、ムダ毛がないことでムレや匂いを防ぐことができるというメリットも大きいです。

でも忘れてはいけないのは、メリットばかりではないこと。

ハイジニーナ脱毛をしてしまうと、もうアソコに毛は生えてくることはありません

あとで後悔しないように、ハイジニーナにすることでおこるデメリットも頭においておきましょう。

ハイジリーナ脱毛のデメリット

1.ハイジニーナの男性の反応は賛否両論

アソコの毛がまったくない状態のハイジニーナ。

つるんとした見た目、触り心地から賛成する男性がいる反面、やりすぎとか風俗嬢っぽい、と思う人も中にはいるようです。

今のパートナーが、ハイジニーナに肯定的だとしても、もしお別れして次の彼がハイジニーナの賛成派とは限りません。

Vラインの毛を残しておいた場合は、ハイジニーナにあとで変更することは可能ですが、一旦ハイジニーナにしてしまうともう後戻りできないので気を付けましょう。

もし、今だけハイジニーナにしたい!という場合は、ブラジリアンワックス脱毛がおすすめ。一時的ですが、ハイジニーナ状態のつるつるのVラインでいられるし、あとでまたムダ毛は生えてくるのでやり直しがききます。

2.大浴場、温泉で恥ずかしい?

Vラインを整えるのはいまや若い女性なら常識。

でもハイジニーナにしている女性はまだまだ少数派です。

多くが、Vラインのムダ毛をカットしてムダ毛のボリュームを減らしているスタイルがいまだに大半でしょう。

パイパンにしている場合、友達と一緒に大浴場に行く時に気になるかもしれません。割れ目もしっかり見えてしまうので、恥ずかしいと思うこともあるでしょう。

パイパンな人は、タオルでアソコを隠している人も多いようですが、それって結構煩わしいですよね。

対処法としてはVライン専用のウィッグがあるので、それを利用する方法があります。ハイジニーナにするなら、ひとつ持っているといいかもしれません。

3.尿の流れが変わる?

実際にVIO脱毛をした人の口コミで上がっているのが、おしっこをした時に尿がムダ毛があった時と違う方向へ行ってしまうというもの。

ムダ毛があったおかげで、自然に下に流れるはずだったおしっこが、おしりや腿の方へ流れてしまうことがあるそうです!

これは個人差が大きいようで、「私は大丈夫だったよ!」という人ももちろんいます。

もし不安があるなら、ブラジリアンワックス脱毛をしてみて、尿がどう流れるのかチェックしてみるといいでしょう。ブラジリアンワックス脱毛は「脱毛」ではなく「除毛」なので、またあとからムダ毛が生えてきます。

ちなみに、ブラジリアンワックス脱毛の料金は1回当たり6千円台から。

サロンに行くのは恥ずかしい、という人はブラジリアンワックスのキットを使って自分でやる方法があります。

施術して、だいたい一週間から10日くらいはつるつる状態を楽しめます。

いきなりパイパンに脱毛するのを選択するのではなく、お試し感覚でブラジリアンワックス脱毛でハイジニーナのシミュレーションをしてみるといいですよ。