安くてかわいい脱毛器センスエピGの口コミ評判

senseg

家庭用脱毛器として人気のセンスエピG

比較的本体価格が安いので、学生を中心に人気の家庭用脱毛器です。

けれど、センスエピは照射数が少ないから何度もカートリッジを買い替えないといけないというイメージがありました。

また、効果はあるけれど痛みが強いなどのデメリットもネックでしたね。

しかし最新機種の「センスエピG」は、カートリッジ交換不要に!

本体価格もかなり下がって、お手軽におうちで脱毛可能になったのです。

2万円で買える家庭用脱毛器 センスエピG

家庭用脱毛器というと、ケノンがダントツ人気ですが、ケノンは本体価格が約8万円くらい。カートリッジは9000円近くします。

ケノンのカートリッチは照射数はたっぷりありますが、初期費用が高いので買うか迷うところですよね。

その点、センスエピGは本体価格が2万円ほどでしかもカートリッジの交換の必要なし。

交換不要ということは、半永久的に使えるわけではありませんが、5万照射できます。

さすがに家族の分も脱毛できるほどではないかもしれませんが、自分専用器としてなら十分。

価格の手軽さも捨てがたいですね。

ヘッドも小さく扱いやすくなった

センスエピの旧商品は、可愛いピンク系のボディーが女子の心をつかんで離しませんでした。

しかし、ヘッドが重くてつかみづらいという欠点も。

セルフ脱毛は根気が必要なので、重かったりつかみにくいとそれだけで忍耐が必要になってしまいますよね。

でも新しいセンスエピGのヘッドは、ケノンに匹敵するくらいコンパクトサイズになりました。

加えて、照射スピードも上がったのでわきなら1分ほどで脱毛できるようになったそうです!

セルフ脱毛は時間がかかりすぎるのがネックでしたが、これならムダ毛が気になった時にさっとお手入れできますね。

安全面もしっかりしている!

これはセンスエピ全体にいえることですが、肌色センサーという機能があります。

センスエピはフラッシュ式の脱毛方法なので、黒いものに反応してムダ毛にダメージを与えてきます。

脱毛サロンやクリニックなら、スタッフさんが日焼けした人にNGを出してくれますよね。

またホクロや色素沈着のある場所は、保護シールを貼ったり避けて照射するなどの対応をしてくれます。

でもセルフ脱毛の場合は、シロウト判断で脱毛するので肌トラブルが結構おこってしまうという話を聞きます。

しみがある場所に照射してしまって、火傷などをおこした人もいるらしいですよ。

センスエピでは、独自の肌色センサー機能があるので色素の強い場所には照射できない仕組みになっているそうです。

こうした安全機能があると安心感がありますね。

センスエピGのデメリットは?

センスエピGの機能は優秀なものの、ヘッドの小ささに不満を感じている人は多いようです。

照射面積は、0.9センチ×3センチなので結構小さい方ですね。

狭い部位に照射するには使いやすそうですが、背中や太ももなど広い部位に使うのは確かにちょっと大変かも。

センスエピF G Deluxeって?

2015年の限定500台モデルのセンスエピF G Deluxeは、従来のセンスエピとセンスエピGの中間のような位置づけでしょうか。

照射面が1.3センチ×3センチなので、Gより少し大き目でさくさくと脱毛できます。

こちらはカートリッジ式なのでカートリッジ交換が必要ですが、Gと違い照射数を気にしないで長く使えますね。

また家族や友達と一緒に使えるので、みんなで使えばコスパも良好!

気になるカートリッジですが、以前はセンスエピのカートリッジはコスパがよくないとかすぐ使えなくなると不評でした。

現在は以前の750ショットの倍の1500ショット打てるようになったそうです。

ただ、他の家庭用脱毛器よりはまだ少なくて高い、という印象がありますね。

それでも、本体価格の安さや脱毛効果を考えると、家庭用脱毛器の中でも手軽に利用できるところはいいなと思います。